HOME > 研究開発・品質管理・生産設備 > 自社開発の生産設備
研究開発・品質管理・生産設備
研究開発・品質管理・生産設備
  • 製品開発
  • 多品種少量生産
  • 品質管理体制
  • 自社開発の生産設備
  • 分業体制
自社開発の生産設備 PHOENIX ORIGINAL
自社開発の設備でカスタマイズ生産をバックアップ
フェニックス電機では、お客様のご要望にきめ細かく対応すべく多品種少量の生産体制をとっていますが、それをハード面でバックアップしているのが生産設備の自社開発です。
生産技術部が中心となり、フルオートマチックの生産設備から治工具に至るまで、自社技術による開発・設計を行い、どのようにカスタマイズされた製品でもご要望通りに生産し、短期間での納品につなげています。
自社開発設備のメリット
柔軟性のある生産設備
カスタマイズされた製品を生産するためには、生産設備そのものにも柔軟性が求められます。
フェニックス電機では作る製品に合わせて、最も効率の良い生産設備や治工具(ランプを載せる台や搬送に必要な装置など)を自社で開発し、生産性の向上に日々取り組んでいます。

納期短縮やコストの低減
生産設備を自社開発することには、機械・設備を外部に発注することによるタイムロスや生産コストの上積みを防ぐという意味もあり、製品の納期短縮や価格低減にもつながっています。

問題点や改善点にも素早く対応
自社の技術によって開発・設計した生産設備のため、問題が生じた場合にも素早く対応でき、改善点を見つけることができます。
こうした問題点や改善点をクリアしていくことが、フェニックス電機の技術レベル全般を向上させることにもつながり、今日まで多大な成果を上げています。
ページTOPへ戻る